京都府職員労働組合 -自治労連-  Home 情報ボックス 府政NOW 京の写真館 賃金 料理



2019年12月20日

2020春闘
海外短信/強毒除草剤、使用禁止へ/オーストリア

強毒除草剤、使用禁止へ/食品労組などの運動実現


2020年1月からオーストリアで、毒性が強い除草剤グリホサートの使用が禁止されることになりました。欧州連合(EU)では初めてで、他の加盟国への波及が期待されています。国際食品労連(IUF)のニュースが報じました。
グリホサートは、モンサント(現バイエル)が商品名「ラウンドアップ」として世界中で販売してきました。食品労組や市民団体が使用禁止を求める運動に取り組んだ結果、禁止することが先ごろ国会で決まりました。11月末までの異議申し立て期間中に、農薬メーカーが禁止措置に反対を表明したものの、欧州委員会が反対意見を採用しなかったため、禁止がほぼ確定しました。
(連合通信) 


府職労ニュースインデックスへ