京都府職員労働組合 -自治労連- Home 情報ボックス 府政NOW 京の写真館 賃金 料理
映画案内

ひとくち映画情報

笑いと涙、スリルとサスペンス


『パラサイト  半地下の家族』

  ポン・ジュノ 監督

2019年のカンヌ国際映画祭で韓国映画として初めて最高賞パルムドールを受賞。貧富の格差や失業問題、受験競争など韓国社会の現状を下地に、笑いと涙、スリルとサスペンスが詰め込まれた作品です。
父親ギテク(ソン・ガンホ)はじめ家族全員が失業中で、日が当たらず、電波も届きにくい半地下の住宅で暮らすキム一家。ふとしたことから長男ギウが、裕福なIT社長一家が暮らす高台の豪邸で高給の家庭教師を始めます。
続いて妹ギジョンも美術家庭教師としてこの家に足を踏み入れ、キム一家は口八丁手八丁で急速に社長一家の信用を得ていきます。そして社長一家が出かけた嵐の夜、予想もしない出来事が起きて……。
ポン・ジュノ監督は「グエムル―漢江の怪物」などで知られます。1月10日から全国で公開。

〈写真〉(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED


−京都の映画・演劇案内−